バッファロー(BUFFALO)社製

WCR-1166DS WHR-G301N WHR-300HP2
WMR-300 WZR-300HP WHR-HP-GN
WZR-600DHP3シリーズ

 

arrow_blue_3WCR-1166DSの場合

macaddress_buf_7_1

 

・本体の底面を見ていただくと、各種情報が記載されています。その中のMACの値(「MAC:」以降12桁)がMACアドレスとなります。

macaddress_buf_7_2

また、側面にある切り替えスイッチは”ROUTER”に合わせてご使用ください。

macaddress_buf_7_3


 

arrow_blue_3WHR-G301Nの場合

macaddress_buf_3_1

 

・本体の裏面を見ていただくと、白いシールが貼り付けてあります。その中のSSIDの値(「SSID:」以降12桁)がMACアドレスとなります。
注) 説明書には、「本体側面にあるスイッチを”Auto”に設定して」とありますが、 必ず”On”に切り替えてご使用下さい。

macaddress_buf_3_2


 

arrow_blue_3WHR-300HP2の場合

macaddress_buf_1_1

 

・本体の底面を見ていただくと、白いシールが貼り付けてあります。その中のMACの値(「MAC:」以降12桁)がMACアドレスとなります。

macaddress_buf_1_3

 

・本体側面にあるスイッチに”Auto”、”ROUTER”、”BRIDGE” とありますが、必ず”ROUTER”に切り替えてご使用下さい。

macaddress_buf_1_2


 

arrow_blue_3WMR-300の場合(無線のみ)

macaddress_buf_2_1

 

・本体の裏面を見ていただくと、白いシールが貼り付けてあります。その中のMACの値(「MAC:」以降12桁)がMACアドレスとなります。

macaddress_buf_2_2


 

arrow_blue_3WZR-300HPの場合

macaddress_buf_4_1

 

・本体の裏面を見ていただくと、白いシールが貼り付けてあります。その中のSSIDの値(「SSID:」以降12桁)がMACアドレスとなります。

macaddress_buf_4_2

 

・本体側面にあるスイッチに”ON”、”OFF”、”AUTO” とありますが、必ず”ON”に切り替えてご使用下さい。

macaddress_buf_4_3


 

arrow_blue_3WHR-HP-GNの場合

macaddress_buf_5_1

 

・本体の裏面を見ていただくと、白いシールが貼り付けてあります。その中のSSIDの値(「SSID:」以降12桁)がMACアドレスとなります。

macaddress_buf_5_2

 

・本体側面にあるスイッチに”ON”、”OFF”、”AUTO” とありますが、必ず”ON”に切り替えてご使用下さい。

macaddress_buf_5_3

 


 

arrow_blue_3WZR-600DHP3シリーズの場合

macaddress_buf_6_1

 

・本体の底面を見ていただくと、白いシールが貼り付けてあります。その中のMACの値(「MAC:」以降12桁)がMACアドレスとなります。

macaddress_buf_6_2

 

・本体側面にあるスイッチにMODEのボタンがありあす。1秒以上押すのを数回繰り返し、前面のランプがすべて緑色(ルータモード)になるようにします。

macaddress_buf_6_3

 

【前面のランプ点灯例】

macaddress_buf_6_4